メモをするのは手入力よりもカメラの方が圧倒的に早い

メモをする

私は最近色々な事をメモする習慣が付きました。日常のほんの些細な出来事でも、後になって大変重要なヒントになる事があるのです。ヒントを得るために最近は本当にメモする事が増えましたね。
ところでメモをするようになってから、幾つか気がついた事があります。

まず、何か街で見かけたとします。そして、何かの看板にでも情報が書いてあったとします。その情報をメモしたいと思ったとします。
そういう時は、いちいち文字で入力をしようとすると、大変な時間がかかってしまいます。入力をする位なら、やはりカメラで撮影をするのがベターですね。ワンクリックで画像が保存できるので、明らかにメモで文字を入力するよりも高速です。
ただ、カメラには残念ながらデメリットもあります。シャッター音です。残念ながら、シャッター音を無音にするという機能が私の携帯電話には皆無なのです。

そのため、あまりカメラを利用するのもまずいという事になります。シャッター音によって、通りすがりの人をびっくりさせてしまう事にもつながるからです。
ただ、シャッター音が無音ならば、じゃんじゃん撮影をしているだろうと察します。そういう意味で、私はたまに無音のカメラが欲しくなる事も有るのでした。

Copyright© 2013 気軽な出会いの見つけ方 All Rights Reserved.